Top > 今でも看護師は慢性的に人手が不足していま

今でも看護師は慢性的に人手が不足していま

今でも、看護師は慢性的に人手が不足しています。

人手の不足を改善するには、看護師の資格がありながら看護の仕事をしていない方に、もう一度、看護師としての仕事に就いてもらうのが良いと感じられます。柔軟な働き方ができるようすぐにでも、医療機関が直すべきところは直していくべきなのです。

端的にいって、正看護師と準看護師の最も違うところは資格を持っているかです。
正看護師は、国家試験で受からないと、正看護師とは認められません。でも、準看護師は国家試験ではなく、各都道府県の知事によって、交付される資格です。

そのため、準看護師が正看護師に対して指図することはできず、どうがんばっても、看護師長など上の役職に上がったり、指導者にもなれません。病院や医療施設などで看護師が就業する時、配属先は、とても大切なポイントです。



同じ病院で働く場合でも配属される診療科によって、大きく異なる仕事内容になります。


自分が希望する仕事が割り当てられたなら問題が発生することはありませんが、自分が不得意と考えている配属先だと勤務先に親しみを持てない事例も考えられます。
看護師の資格を得るためには、何通りかの道すじがあるでしょう。

看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、すぐに受験することは認められません。


試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について勉強することが必要です。国の看護師資格試験は、毎年1回為されています。ナースの数の不足が懸念されている現状にとっての明るい兆しとして、この何年かの国家試験の合格率は、90%近辺のとても高い水準を、持続しています。看護師国家試験は、入試のように定員数が決まっている試験ではなく、決まった点数を取れば試験に合格できるのです。早期に、辞めてしまう看護師は少なくありません。



女性が多く、一度こじれると面倒で、看護師だといつでも再就職可能なので、我慢する必要がありません。他の仕事と比べてやっぱり、看護師は再就職がカンタンなので、望んでいる労働条件とかけ離れていたら、躊躇なく辞め、もっといい病院に転職する人も多いのです。働いている看護師は数万人いますが、それと比較して、資格を取得していながらも、勤務していない人が五十万人以上存在すると考えられています。日本で4万人の看護師が足りないといわれているので、その五十万人の中の少しの人でも勤務できるようになれば、少しは改善できるように思います。


看護師の存在は、医療機関にとっては無くてはならない大切な人材です。
ところが、一般的に、看護師の待遇というのはあまり良いとはいえないでしょう。
夜に仕事をする機会がありますし、反対に、休みが多くないといった辛い環境で仕事をしていて、給料の金額はそんなに高くありません。


退職率が高いのも、当然ですね。

看護師の人が転職に思い至ったケースでは、働きながら転職先を探そうとすることもあると思います。

そういった時、離職しないままで、自身で次の職場を見つけるとなると、時間に余裕もなく、じっくりと情報を調べられないといったこともあります。

看護師用の転職サイトを使うと、希望条件と見合った職場をみつけられますから、利用価値があります。



昔は男性の看護士に限定して、士という漢字を使用していました。
しかしながら、今は男でも女でも、看護師という職業に従事している人であれば、師を使うように変更されています。



看護師と看護士の両方を使用していると、紛らわしく分かりにくいので、統一されたのだと考えられます。借金 返済 相談 福岡
関連エントリー