Top > 中学受験で使うと良いテキストの選び方

中学受験で使うと良いテキストの選び方

"中学受験をする際には、塾で使うテキスト以外にも、市販されているテキストを買うときも多いと思います。
本屋に行くと、中学受験のコーナーがたいてい用意されています。
それほど出ているテキストは多いのですが、市販のものを買う際にはどれでも良いというわけではなく、かなりの注意が必要です。
まずどの科目にも共通していえる注意点は、解答解説が丁寧で詳しいかということです。
市販のテキストを買うということは、教えてもらうというより自習に使うことが多いはずですから、勉強する生徒が見て、解答解説が丁寧で分かりやすくなかったら、勉強がすすみません。
次に、目的によって選ぶことが必要です。
例えば算数や理科は、説明の部分が重要なのか、つまり参考書としてのテキストなのか、それとも問題数が多い方がいいのか、つまり演習の問題集としてのテキストなのか、それによって選ぶものが違ってきます。
そして、勉強する子どもが、それを見て、やる気になれるかどうか、が重要です。
上記3つを意識して選べば、失敗も少ないでしょう。
中学受験には良いものを使いたいですね。
詳しい情報については中学入試の社会SK18※社会が出題される場合も多いこちらです

関連エントリー